大きな被害を出すこともある水のトラブル

大きな被害を出すこともある水のトラブル インフラの整備が進んだことで、生活はかなり便利に変わっていきました。蛇口をひねれば、どこでも水が手に入ります。それも安全に飲める飲み水が手に入るのは、日本が安全な社会である証拠でしょう。さまざまな企業や社会が努力してきた結果でもあります。
家庭でもいろいろな水回りの設備がありますが、どれも便利に活用できているのではないでしょうか。水は生活を豊かにする大事な要素であり、日本においてはそのまま使用できることが当然となっています。
一方、便利になったことでトラブルが起きれば大ごとになるリスクも出てきました。水回りに何らかのトラブルが発生した場合、すぐにでも修理をして対応しなければいけません。それも、被害を広げずに対応することが重要です。

■蛇口は水漏れが起きやすい

水漏れが起きた場合、各水道設備の構造を考えたり普段どのように使っているのかを思い返してみたりすると、水漏れが発生した原因が見つかることもあります。
まず、水を利用するために各種水回りの設備が揃っていますが、水を必要な時に必要な量だけ出すという作業をコントロールするためにあるのが蛇口です。そして水は水道管を使って届けられる日常生活に欠かせないライフラインです。さまざまな場所にある利用場所に届けるために、圧力を使って押し流してきます。この水圧によって常に水道管に水が流れている状態ですが、蛇口が無く水道管とつなげたままでは、圧力によって水が常に出ている状態になります。必要な量だけ使うために蛇口やバルブを取り付けて、必要なときにのみ使えるようにしています。
実は蛇口も頻繁に使うため、どうしても部品が劣化するのが問題です。錆びたり朽ちたりすると機能を発揮できなくなるため、使用できなくなった時には交換しなければいけません。簡単に交換できる場合もありますが、構造によっては専門業者に任せた方が安全な場合もあります。

■給湯器で起きるトラブル
家庭の中にはさまざまな設備があり、それぞれを組み合わせて使うことで豊かな生活を築くことができます。給湯器もその設備のひとつで、他と組み合わせて初めて用途通りに使用できます。
風呂場ではシャワーに使いますし、風呂の浴槽に水もためられます。キッチンでもお湯を使用することで水ではおちにくい汚れも落とせますし、その分水の使用量が減ります。洗剤を使う量も抑えられるため、家事の際にお湯を利用するのは効率的です。
給湯器は現在では当たり前のように利用されていますが、お湯を沸かすことに集中させた分だけ、故障や水漏れが起きれば大きなトラブルになってしまいます。お湯が出なくなれば、シャワーも使えません。水しか出ないのでは、冬場は耐えられない状況になってしまいます。キッチンはかろうじて回避できますが、それでもあるはずの設備が使えなければ快適な生活を送ることは出来ません。修理が必要となりますが、自身で修理をすることが難しいということは理解しておかなければいけません。

■洗濯機で起きるトラブル

水のトラブルとして、大量の水を使っており、壊れた時の被害が大きくなるのが洗濯機です。気がついたときには足元が水たまりになるほど、多くの水を使っています。水が漏れているでは済まないほどの大参事になることも珍しくありません。
洗濯機から起きるトラブルはいろいろとあります。特に被害が広がるのは、排水が詰まった状態でしょう。排水に使っているホースにも穴が開くことがあり、どんどんと流れ出す場合があります。もっと根本的な問題で、洗濯機が故障してしまい、下部から水が止まらなくなることもあり得ます。蛇口に問題があり、水が止まらないということもあります。
電化製品であるため、どうしても構造は複雑で、素人がなおせるものではありません。ダメージが大きい場合には、交換も考えなければならないでしょう。

■まとめ
水のトラブルは、怒ってしまうと非常に大きな爪痕が残ります。配管の中には、壁や床に埋め込まれているものもあるでしょう。この配管から水漏れすることもあるからです。トラブルが起きたときには、すぐに対処できる体制を作っておかなければいけません。専門業者を評判からも調べておき、何かあったときに依頼できるところを見つけておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース